How I studied English! TOP  >  2013年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第182回TOEIC受験を終えて考えたこと

今更ですが、先日の日曜日に第182回TOEIC試験を受験して来ました。今回は、2週間前くらいから模試問題集を解いたりして対策をしたつもりです。残念ながら手応えはあまり感じられませんでした。(最後まで終わりませんでした)TOEIC LRには、また機会があればリベンジしたいとおもいます!

今回LR用の学習を久しぶりにしまして改めて気づいたことがあります。それは、TOEICにはSW試験のアウトプットに使えるフレーズが多いということです。TOEICを真剣に学習すれば、かなり英語のアウトプットに役に立つのではないのでしょうか。
例えば、Part1は、SW試験のSpeakingで同様の写真問題があるので使えそうなフレーズはどんどん覚えるべきなのだと思います。色んなTOEICの講師の方が、TOEICの学習はビジネスのアウトプットに役立つと紹介しているのがよく理解できました。

ただし、TOEIC対策の学習をアウトプットに役立てる学習にするためには一定の条件があるとおもいます。
TOEICは時間内に解答する事が求められている試験なので、学習を続けているとどうしても問題を解くことに集中してしまい、英語を学習するいう意識がなくなって来てしまうということです。

私のレベルだと、TOEICではついつい問題を解くことだけを考えてしまいます。例えば、neitherがあったから文を読まずにnorを選んだり、名詞の前だから選択肢から-ableの形の形容詞を選ぶ事で、何となく英語を学習した気になって満足してしまっている自分に気づいたのです。

TOEICから英語を学ぶのであれば、neither A nor B を使った英文を作ったり、形容詞+名詞の語順を意識して話せるようになアプローチの方が本来であれば英語学習者には求められていることかと思います。

私は非常に長い間TOEICを独学で学習さて来ましたので、ついついTOEIC=英語の勉強と思ってしまいます。問題集で勉強すれば、いつかは英語が話せるようになると錯覚しておりました。TOEICで英語を勉強しようと思うと、意識的に英語そのものを見ていかないと、ついつい試験対策だけになってしまいがちになると痛感しました。

この傾向を考えると、私レベルで通常のTOEIC学習から英語のアウトプットにつなげるのは非常に効率が悪いという事がよくわかりました。

TOEICは素晴らしいテストだと思いますし、満点や高得点を取られている方は読解力、リスニング力をかなりお持ちなのだと思います。また、満点を近くをとれる方であれば、TOEICから英語学習に学べることも多いのだとも思います。

しかし、いまの私のレベルでは英語でアウトプット、コミニケーションをするレベルまで学習しようとするのであれば、今後TOEIC学習は趣味のひとつとして気楽に肩の力を抜いて取り組むくらいの取り組みが正解なのだと思います。

仮に今後もっとTOEICの高得点が欲しくなったら、きちんと対策をして学習しようと思っています。それまでは当面SWの高得点を目指した英語学習を続けようと考えております。
スポンサーサイト
[ 2013年07月26日 16:39 ] カテゴリ:TOEIC | TB(0) | CM(0)

TOEIC SW受験感想

久々にblog更新しております。本日は英検の二次試験があったようで、受験された皆様はお疲れ様でした。私は、TOEIC SWを本日初受験してまいりました。今後受験される方に少しでも参考になるかもしれない部分があれば幸いです。

会場について
「え、ここで合ってるの?」と思ってしまうくらいの地味な雑居ビルの2Fが会場でした。13:15から受付開始となり、私は5番目の受付でした。最終的には、7名での受験となりましたが、思っていたよりもかなり受験数は少ないというのが印象でした。ノーマルのTOEICであれば、受験会場には何百人という受験生で溢れているのとはかなり対照的な風景です。もしかしたら、今回の日程が英検二次試験と同一日程というのも関係していたのかもしれませんが、ETSが熱心にSWをPRしている割にはまだまだ世間には認知されていないのなあーという印象でした。

試験内容について
どうやら内容は公開してはいけないようです。もしかしたら、対策をたてやすい試験形態なのかもしれません。ただ、個人的な印象としては前日に参照したTOEIC SQUEAに掲載されているサンプル問題と難易度的にはさほど変わらない内容だったと思います。興味のある方は、ぜひ一度サンプル問題を試してみてください。1時間程度で終了します。
(TOEIC SQUEA:http://square.toeic.or.jp/prsw/challenge/)

試験中の感想
Speaking
試験はヘッドセットを使ってのspeakingから始まります。これは、online英会話でskypeを使っている人からしたら、さほど違和感がなく実施できるものだと思います。ヘッドセットは普段使っているオープンイヤーのヘッドセットではなく、密閉式のしっかりしたものでした。これもTOEICのHPにあるイントロダクションの画像のものと同様のものが使われているようでした。試験は受け付け順に時間差で始まります。セパレーションで仕切られていはいても、最初は他の人の話す内容が気になりそうな感じではありましたが、密閉式のイヤフォンをつけていれば、試験が開始されて自分の試験音声が流れてしまえば全く気になりませんでした。
Writing
WritingはPCを使っての入力です。私の試験会場はデスクトップ型のPCでしたが、イントロダクションの解説文を読むと、ラップトップ型のPCで実施される会場もあるのかもしれません。ここで、少し困ったことが起こりました。私は普段、会社でラップトップ型のノートPCを使用しております。自宅で使用しているPCも省スペースタイプのもので、キーボードはノートPCに近い感触なのですが、今回使用のキーボードはキーピッチのかなり深いしっかりしたキーボードでした。つまり、普段使っているものとかなり使い勝手が違うために入力にかなり手間を感じてしまい、スムーズな入力が出来なかったのです。今後受験される方は、出来るのであれば事前にいろんなキーボードでの入力をチェックしておいた方がよいかもしれません。

受験感想
正直、全く手ごたえがありませんでした。なんとなく受験申込をして、さほど対策もせずに受験してしまったので、本当に今回は様子見といったところです。一番残念なのは、時間配分をミスってemailのwriting問題の一つが途中で時間切れになってしまったのは致命的だと思いました。単語入力の途中で画面が切り替わったので、何を書いてあるか意味不明だと思います。また、最後の意見を記述する問題は、300語以上書く必要があったのに、300語に全く届かず終了しました。後で確認したら、問題集にも公式ホームページにも300語のことは書いてありましたので、全くの準備不足であったと思います。

Speakingの方はRarejobのようなonline英会話で普段からトレーニングをしっかりしていれば、意見論述に関してはかなり対策出来るかと思います。しかし、このテストでは反射的な能力が問われます。つまり、いきなりTOEICのpart4のテレホンオペレーターになって商品のクレームに対して応答して下さい、といったロールプレイが求めれられます。事前に聞かされるアナウンスはメモが取れませんので、ビジネスの現場とは少し違う感じもしますが、かなりの能力が求めれられます。

今後の受験について
しっかりと対策をしないと全く太刀打ちできないというのが感想です。ノーマルのTOEICの勉強、つまりTOEICの問題集を解いて問題に答えるというような情報入力処理型の英語学習ではSWは対策できません。アウトプットを中心においた学習が必要であると再認識しました。しかし、SW用の問題集で対策をしっかりすれば対策は出来る試験であると思います。次回もいずれ受験すると思いますので、しっかりと対策をしたいと思います。とりあえず論文対策だな。
[ 2013年07月08日 02:15 ] カテゴリ:TOEIC SW | TB(0) | CM(3)
プロフィール

Konasuke.com

Author:Konasuke.com
千葉県幕張在住。英語学習中サラリーマンです。
過去最高 TOEICスコア 915(2013.03)


【学習の目標】
step1. TOEIC900over(2013年3月達成目標)Clear!!  
step2. TOEIC SWに挑戦 → SW:180/180点を目指す!(2013年以内)
step3. 英会話マスター?

【現在進行中の英語学習】

Skype英会話(Rarejob)
英作文(フルーツ英作文):New!
Podcastリスニング
英語関連書籍の読書


【英語関連の趣味】
海外ドラマ鑑賞 
(How I met your mother,CHUCK,FRIENDS,White Collar)
洋楽、洋楽カラオケ
(Foo Fighters,Green Day,My Chemical Romance,Oasis,Jamiroquai,LINKIN PARK,VON JOVI)

最新トラックバック
訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。