スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第182回TOEIC受験を終えて考えたこと

今更ですが、先日の日曜日に第182回TOEIC試験を受験して来ました。今回は、2週間前くらいから模試問題集を解いたりして対策をしたつもりです。残念ながら手応えはあまり感じられませんでした。(最後まで終わりませんでした)TOEIC LRには、また機会があればリベンジしたいとおもいます!

今回LR用の学習を久しぶりにしまして改めて気づいたことがあります。それは、TOEICにはSW試験のアウトプットに使えるフレーズが多いということです。TOEICを真剣に学習すれば、かなり英語のアウトプットに役に立つのではないのでしょうか。
例えば、Part1は、SW試験のSpeakingで同様の写真問題があるので使えそうなフレーズはどんどん覚えるべきなのだと思います。色んなTOEICの講師の方が、TOEICの学習はビジネスのアウトプットに役立つと紹介しているのがよく理解できました。

ただし、TOEIC対策の学習をアウトプットに役立てる学習にするためには一定の条件があるとおもいます。
TOEICは時間内に解答する事が求められている試験なので、学習を続けているとどうしても問題を解くことに集中してしまい、英語を学習するいう意識がなくなって来てしまうということです。

私のレベルだと、TOEICではついつい問題を解くことだけを考えてしまいます。例えば、neitherがあったから文を読まずにnorを選んだり、名詞の前だから選択肢から-ableの形の形容詞を選ぶ事で、何となく英語を学習した気になって満足してしまっている自分に気づいたのです。

TOEICから英語を学ぶのであれば、neither A nor B を使った英文を作ったり、形容詞+名詞の語順を意識して話せるようになアプローチの方が本来であれば英語学習者には求められていることかと思います。

私は非常に長い間TOEICを独学で学習さて来ましたので、ついついTOEIC=英語の勉強と思ってしまいます。問題集で勉強すれば、いつかは英語が話せるようになると錯覚しておりました。TOEICで英語を勉強しようと思うと、意識的に英語そのものを見ていかないと、ついつい試験対策だけになってしまいがちになると痛感しました。

この傾向を考えると、私レベルで通常のTOEIC学習から英語のアウトプットにつなげるのは非常に効率が悪いという事がよくわかりました。

TOEICは素晴らしいテストだと思いますし、満点や高得点を取られている方は読解力、リスニング力をかなりお持ちなのだと思います。また、満点を近くをとれる方であれば、TOEICから英語学習に学べることも多いのだとも思います。

しかし、いまの私のレベルでは英語でアウトプット、コミニケーションをするレベルまで学習しようとするのであれば、今後TOEIC学習は趣味のひとつとして気楽に肩の力を抜いて取り組むくらいの取り組みが正解なのだと思います。

仮に今後もっとTOEICの高得点が欲しくなったら、きちんと対策をして学習しようと思っています。それまでは当面SWの高得点を目指した英語学習を続けようと考えております。
スポンサーサイト
[ 2013年07月26日 16:39 ] カテゴリ:TOEIC | TB(0) | CM(0)

5/26 第180回 TOEIC受験感想

本日TOEIC受験された皆様お疲れ様でした!!
私は前回に続き幕張メッセでの受験でした。

TOEICerの皆様のblogやTweet、神崎先生のTRBラジオなどを参照しますと、
今回は「激ムズ」の回と認定しても良いのかもしれません。

個人的な感想です。
マイナーフォーム(緑色解答用紙)

Part1 やや難しい:1問完全に分からなかったのがありました。クルマの問題です。
Part2 難しい  :ここまで聞き逃したのは、久しぶりです
Part3 難しい  :大問2問完全にやられました
Part4 普通   :Part3に比べたら今までと同じような問題形式でした
Part5 普通   :といっても苦手Partにつき、3問くらいは確実に間違えてそう
Part6 普通   :Part5とおなじ
Part7 難しい  :簡単に解ける問題がとても少なかった印象あり。久しぶりの塗り絵5問。ヤバいぞ。

予想スコア 800~840くらい、下手したら800ないかも


実は、前回の179回での反省を活かして、今回はそれなりの準備をして来ました。
といっても、学習時間はあまりとれませんでしたので体調面だけは整えていったつもりです。

Part5対策、特に語彙をしっかりと対策する → 語彙対策が不十分でした...
前日は十分な睡眠をとる → OK!
当日は早起きして体調を整える → OK!
試験中、特にlisning中は集中して問題を解く → 途中までOK?(理由は後ほど)

しかし、結果は惨敗でした。
今回の試験における最大の言い訳があります。
それは、幕張メッセ コンベンションホールにおける音響が最悪だった ことです。

同じ会場では、あの神崎先生も受験されておられたようですが、
ラジオによると先生が受験されたのは小会議室で、非常に音響は満足できるレベルであったようです。
(うらやましいです)

しかし、信じられないかもしれませんが、同じ会場にもかかわらず、コンベンションホールは最悪でした。
このホールは、おそらく受験番号から考慮すると600名以上の大人数が一斉に受験しておりました。

通常の会場だとスタンド式のスピーカーや高性能のラジカセが用意されていたりするのでしょうが、
このホールは天井からの備え付けのスピーカーからの音声でした。
コンサートにも使用できそうな大ホールなので、天井も非常に高く音が反響するようになっていたようです。

日本語のアナウンスでは気にならなかったのですが、英語のアナウンスになると、結構音のエコーが気になりました。
本当であれば、インストロダクションの時に運営委員の係員に言うべきだったのですが、
しかし、「これだけ人がいて、誰も何も言わないのだから大丈夫だろ。」
と軽く考えておりましたが、これが甘かったです。

Lisningパートって、導入部って大事ですよね。
それがもう、Part2なんかは少し気を抜くと何を言っているのか意味不明です。
Part3も最初がよく分からないので、会話を流れを理解できないのがキツかったです。

もしかしたら、そんなに気にならない人もいたのでしょう。
実際に私も、Part1は聞き取れてました。(1つ聞き取れませんでしたので嫌な予感はありましたが)

しかしPart2で難しい問題があった時に、「あれ、今の聞こえなかったぞ?」って思ってしまいました。
もう、こうなると気になる、気になる。

これっってメンタル面の弱さが出たのだと思います。
本当に能力があれば、聞けるはずですから。日本語は聞けましたし。同じ会場で満点の人もいるでしょう。(600名以上受験しているはずですから)
メンタルが弱く、ついついスピーカーのせいにしてしまいました。
そんなわけで、冷静さを欠いてしまってLisningが終了してしまいました。
私の場合、常に Lisning > Reading  なので、リスニングで失敗するということは、もう高得点は期待できないわけです。よって、今回のTOEICは精神的にここで終了してしまいました。

その後のReadingは完全に実力不足でした。言い訳はできません。
読むスピードが今回も足りておりませんでしたので、まだまだ努力が必要です。

というわけで、今回の190回TOEICは惨敗です。

次回の目標は7月7日のTOEIC SWテストですが、このままではいけません。
また7月以降のTOEIC LRにもリベンジしてみようと思っております。

でもこうしてみると、本当にTOEICって終わりのない戦いのようですね。
私は少し疲れてしまいそうです。

[ 2013年05月26日 21:54 ] カテゴリ:TOEIC | TB(0) | CM(2)

一般の方のTOEICスコアの感覚

来週はTOEICですね。
高得点を目指す方は、いよいよ追い込みの時期ですね。私は今回も学習にあまり時間が取れそうもないので、過去の復習に賭ける事にします。
何せ、昨日久しぶりに実施したTOEIC究極の600問が間違えまくりでしたので、まだまだ復習しがいがありそうです。
当面LRは受験しないので、悔いの無いよう頑張りたいと思います。

さて、先日会社の人とTOEICについて話をすることがありました。年輩の部長さんだったのですが、彼の話のポイントは

TOEICが出来ても、英会話が出来るとは限らない

TOEICだけ出来ても仕事が出来るとは限らない

TOEICは700とるまでが大変だと思う。700とれば十分英語は分かる。

とのご意見でした。700点のくだりに関しては、ご自身がなかなか700をクリア出来ないことが判断材料の一つのようです。
一応部長職なので、本国の資料などで英語に触れる機会は我々よりも多いはずなのですが、業務上あまり必要としていないようです。

一番強く感じたことは、

人は自分が理解出来ないことは、正確な判断を下せない

ということです。
我々シロウトがダルビッシュ選手と松坂選手の実力の比較を正しく測定することは出来るのでしょうか?
身体能力や精神力を判断することはとても難しいので、勝利数や契約金や数字的に判断出来る材料を用いるのが一般的だと思います。

これは英語の能力をTOEICというひとつの物差しで測定するのに、とても似ていると思います。


話を戻します。
私の勤務先の部長の、
TOEICは700点とれば十分
発言は英語を真剣に学習している皆さんからしてみたら、苦笑ものだと思います。

Twitterでこんな事を誰かが言ったら、みかん星人さんは怒りで卒倒してしまうでしょうね。(イメージです)

世の中には、自分が出来ない事を人が達成した時に、それを認めるほどの度量のない可哀想な人がいます。
プライドが高いのは結構ですが、知らない事を偉そうに言うと、本人が知らないウチに恥を書いている可能性があります。

しかし逆に、これが本当の世間の反応なのかもしれないともとれます。英語ができない人から見たら、900overは神の領域なのでしょう。

スポーツ音痴の人から見たら、野球でフライをとったり、ボールをバットで打つことだって難しい筈です。

基準を何処に置くかで物の見方は変わってきますので、 何事も自分なりの基準を設定することの重要性が分かった一件でごさいました。

とりとめもない話にお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
[ 2013年05月20日 14:22 ] カテゴリ:TOEIC | TB(0) | CM(0)

4/14 TOEIC感想

本日TOEICを受験された皆様お疲れ様でした。
私が受験したのは、解答用紙がピンクのフォーム9です。
TOEICブロガーの皆様などの反応を聞くと、「今回は比較的優しめ」との感想が多いです。
「マジですか!?」
私は前回の3月よりもReadingはかなり時間がかかってしまいまして、終了したのは試験管が終了の合図をした2~3秒前でギリギリでした。

フォームの感想ですが、

Part1:普通~難 2、3問勘で答えた問題ありました。
Part2:普通~難 序盤と中盤に質問文を聞き漏らした問題がありましたので、参考外にしてもらった方がいいかもしれません。
Part3:  素直に解ける問題ばかりでした。個人的には1~2問聞き漏らしましたが。
Part4:普通~やや難 1問目が結構わかりづらく、自信ありません。先読みしたのに聞き漏らしがありましたので、個人的には難しかったです。
Part5:普通? どうなんですかね?苦手なのでわかりません。そこそこ時間かかりました。
Part6:やや難 これはかなり迷いました。すでに2問間違いが判明してます。
Part7:やや難 読む量が多い!と感じました。理由は後ほど。

ListeningはPart2で5問くらい間違えてそうですので、Totalは-10問くらいでしょうか。
Readingは神崎先生や2チャンネラーの皆様によると、すでに4問間違いが確定、3問が微妙な感じです。

予想は L 420~450、R 390~410 合計 810~860 でしょうか。

今回の受験でTOEICに失敗するときの敗因がはっきりしました。
絶好調だった前回との比較をしてみますと、明らかに「集中力不足」でした。

試験中に意識がフッと飛んでしまう感覚ってあります?
「あれ、しまった聞き漏らした!」って奴です。私はあります。
なんとなく隣の人の挙動が気になったり、
髪の毛が気になったり、
試験管の癖が気になったりしているとリスニングでは命取りになりますよね。私はずーっとそうでした。
リーディングで時間が足りないのも、1問1問に集中できていないんですよね。ダラダラやってしまうというか。

でも、前回は無かったんですよ。ずっと集中していた感覚がありましたし、Part3と4の先読みも必死でした。
今回は、同じメソッドを使っていたはずなんですけど、ダメでしたねー。
リスニングも聞き漏らし多かったですし、Readingも時間配分を間違えました。

ちなみに、この「意識がとぶ」って感覚はヒロ前田さんの模試にある架空キャラクターも言ってましたので、
「わかる、わかる。」
と全力で同意していたのですが、今回の試験後に神崎先生のラジオを聞くと、神崎先生にはこの感覚が理解できていないようでした。

つまり、TOEICで高得点獲得者は人並み以上に「集中力」がある人々なのでしょう。本人が意識しているのか、していないかは別にしてです。そうでないと、あんなに連続で英文を聞き取ることは難しいと思います。無意識化に集中できている人は、相当に訓練されている人なのだと思います。

あとは、心掛けも大事ですよね。私は今回前日に飲酒をしながら夜更かしをして、当日に家族と買い物に出かけてしまい、フワフワした気持ちで試験に臨んでしまいました。

以上はメンタル面での反省です。

続いて、学習面での失敗です。

前回は、難しめの模試を直前に実施したために自信を無くしてしまったので、今回は少し簡単目の模試を軽く実施して自信をつけて当日を迎える作成にしました。
2010年に出た模試本で、以前に実施したのでほぼ満点で解答できました。

結果は残念ながら大失敗です。
2010年と最近の試験では、思っていた以上に全く傾向が違っていました。考えが浅はかでした。
なんで、こんなことも忘れていたんでしょうかね。甘かったです。秒殺で解ける問題なんかありませんでした。
一番の失敗は、変な自信がついてしまうということです。
このことが、調整面、メンタル面での失敗につながっていったのでしょう。

懸命な皆様はこんなことは実施しないと思うので参考にならないとは思いますが、
直前の学習はやはり本番に近い精度のものをした方が実践的ですね。
5月のTOEICは以上のことを踏まえて臨んでいこうと思います。




[ 2013年04月14日 23:43 ] カテゴリ:TOEIC | TB(0) | CM(2)

明日と明後日

明日は楽しみにしていた、cellenさんのイベントに参加してきます。
(日付的にはもう今日ですが)

参加に関しては、明後日がTOEICなのでかなり迷ったのですが、3月の結果が良かったので安心して参加します。
3月の結果次第では出席をキャンセルするかもしれませんでしたが、一安心です。

ふと、Skype以外でリアルに英語を話したことが無いことに気がつき多少ナーバスになりましたが、
なんとか楽しんでこようと思っています。
明日も新しい気づきと出会いあれば良いと思っております。

最近、会社生活の方は少しトラブルや不満が多い環境にあります。
相手があることなので、自分だけではどうしようもないことが多いのですが、
TOEIC学習を通じて、自分なりの目標を達成するとでこの年になっても成長できるのだと感じてきました。
今自分にできることを、少しずつやっていくことで道が開けるのかもしれません。
仕事も学習もマイペースで頑張っていきたいと思います。

そして、明後日は4月のTOEICです。確か、申し込んだのは2月だったでしょうか。
目標達成までは、毎回受験を決めておりましたが、とりあえず5月のTOEICで一区切りにしたいと思います。

今回は対策が不十分なので、点数の上積みはかなり困難だと思います。
3月のTOEICの学習貯金があればよいのですが.......
その代り、5月には状態をピークにもっていき、最高得点で締めくくれるように頑張ります。

当日までの学習予定
・全力特急復習
・総合対策特急復習
・赤本復習
・文法特急復習
・1000本ノック復習(できれば)
+上記のリスニングパート(電車移動中)



[ 2013年04月13日 00:57 ] カテゴリ:TOEIC | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Konasuke.com

Author:Konasuke.com
千葉県幕張在住。英語学習中サラリーマンです。
過去最高 TOEICスコア 915(2013.03)


【学習の目標】
step1. TOEIC900over(2013年3月達成目標)Clear!!  
step2. TOEIC SWに挑戦 → SW:180/180点を目指す!(2013年以内)
step3. 英会話マスター?

【現在進行中の英語学習】

Skype英会話(Rarejob)
英作文(フルーツ英作文):New!
Podcastリスニング
英語関連書籍の読書


【英語関連の趣味】
海外ドラマ鑑賞 
(How I met your mother,CHUCK,FRIENDS,White Collar)
洋楽、洋楽カラオケ
(Foo Fighters,Green Day,My Chemical Romance,Oasis,Jamiroquai,LINKIN PARK,VON JOVI)

最新トラックバック
訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。